相模原連続殺傷事件と自主映画

植松聖容疑者の手紙の内容に
「重度・重複障がい者を養うと莫大な時間とお金が
奪われます」
こう記されています
今回の出演映画はこの事件がモチーフとなっています。
つまり、植松聖被告が考えている世界だと思います。

以前、私はドキュメンタリー映画を作っていましたが
私が作るのであれば、植松聖被告もどきを主人公に仕立て上げ
障がい者が復讐する映画若しくは
障がい者が憎い障がい者を主役にして
悪さしまくり、障がい者に復讐されるという
スカッとする映画です。

あと、映画撮ってた20代に
好みの女性がいて、なかなか話しかけられない
でも 話しかけたら止まらなくてストーカーするかもしれない。
そんなイメージを映画にしようかと考えていました。

そんなわけで、映画「BAD DREAM」よろしくお願いします。

BAD DREAM

脳性マヒブラザーズ主演映画

月刊ウインド2月号にも掲載されました。

シネ・ウインド広告

月刊ウインド2月号


予告映像第一弾です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *