坂爪慎吾著「孤独とセックス」

孤独とセックス

坂爪慎吾{著)


今更なんだが
私は「童貞」を守っている。
プロレスの世界だとミル・マスカラスさんが
IWA世界ヘビー級王座を42年間保持している
ミル・マスカラスさん

IWA王座ヘビー級

それより長い。(ってか同じにするな)
30代まで、性欲はあったし、「セフレ」にも興味を持った
欲の空回りというのか、肝心な時ほど空回りした

野球に例えると、「ホームラン」打つ気満々の打者が
バッターボックスに立つと萎縮ししてしまい「三振」いや
無茶苦茶にバットを振り回し、「キャッチャーフライ」のほうが屈辱かもしれない

そんな青年だった
風俗行く勇気もなかった
イベントや飲み会で仲良くなる女性はいたが
良くて1回こっきりのデートだけ。

これは孤独な男性たちへ向けてのメッセージ本
坂爪さんの経験談も載っていた
「孤独」から生きる糧をみつけてまた社会に立ち向かえ

多くのSNS炎上は「受験戦争」「就職戦線」から負けた人が
都合の良い解釈をして
何か合ったらこれみよがしに叩いて炎上させる
「暇人」の正体がこれだと思う。

「孤独」から学んで日々奮い立たしているか
自分も検証していこう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *