「ああ、懐かしのカミーノフルマチ」

私が20代のプロレス全盛期は、闘魂三銃士と全日本四天王の時代
今やエンタメ専門学校になっている建物は
カミーノフルマチというシャレオツなデパートだった。
毎年GWになると全日本プロレスの選手がやってきて
小橋健太選手や三沢光晴選手がサイン会をするのが
恒例行事となった。
その時の司会がプロレス実況初の女子アナウンサー川尻直美さん。
偶然、Facebookで見つけて、お礼の手紙を出そうと思っているが
わすれています。ごめんなさい。

三沢光晴さん

カミーノフルマチイベント

三沢光晴さん

カミーノフルマチ


特に三沢光晴選手のイベントには質問コーナに。手を挙げて
「橋本真也選手とIWGPをかけて戦って欲しい」と無茶振りをやった
当時、全日は「鎖国」だった
週刊ゴングも取材が来てて
そのイベントの模様が記事になり
私の後ろ姿が掲載
あとは、脚本家の内館牧子さんも来ていた。
記憶にないが、もしかして話しかけられたかもしれない。

小橋建太さん小川良成さん

カミーノフルマチイベント


でも、私は小橋建太選手の大ファンで、
「握手」した時は『熱血』を注入されて嬉しかった。
そんな「カミーノフルマチ」
そういえば、全日のトークショーやってたお店は何という名前だったっけ?

このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *