DAIGO 右膝靭帯痛める

何という失態。
先日、自転車で大コケし右足挫いてしまいました。
会社はなんともなかったのですが、
だんだん痛くなり・・・・早退するはめに・・・・・
医者に言っても全く動けず
移動椅子の生活となってしまいました。
診断は打ち身なのですが。
とにかく動かすと激痛が・・・
最初はトイレにも行けず、階段も上れず
親の介護を受けました。
これが・・・・「老老介護」ならぬ「老マヒ介護」(笑)
家はノンバリアフリー仕様です。
現在は、壁によりかかっての歩行です
逆にリハビリになると親は笑っています。

最近は、ほんの軽いけがでも動けないことが理解しました。

改善策
・スクワット10回
・ラッシュで立てなかったらつり革で足腰を鍛える
・つり革が掴めなかったら常に足腰に力をいれてグラっとなったら足腰で踏ん張る
・お尻、つま先に力をいれる。
・相撲の摺足を意識する。

しょにょ2
なかなか、痛みが引かず。かかりつけの医者に見てもらった結果。
右膝の靭帯損傷していることが判明・・・。
完治するのに2週間から1カ月かかるそうです。
多少、「老マヒ介護」はうけていますが・・・【笑】
いまだに外出はできていません【笑】
しかし、痛みは確実に引いています。
ただ、右膝に力を入れると「ズキッ」ときます。
医者からは「安静」指示が出ています、

しょにょ3
ここ1週間、リハビリに汗を流す日々を送っていました。
火曜日に通院をして、その翌日、少しずつリハビリをする予定でした。
自転車に乗って???
何、自転車
これはほとんど、トレーニングに近かったです。
0の状態から5のリハビリです。
失敗すれば、靭帯を切ってしまう無茶振りでした。
でも、早く復帰したかった。
このまま終わるのは悔しかったので、
最初
・長く歩くと左足を引きずる
・少し回復すると、カニ歩きをする。
・自転車は左足にエネルギーをいれてべダルを漕ぐ。
・階段は登りが右足片方ずつ。降りる時は左足から1段ずつ。
・駅は手摺りにつかまり、家は壁によりかかりながら利用する。
・右膝を自然に右すねがかばうので、まさに弁慶の泣き所
・土曜日から自然に階段上り下りができる。
・壁によりかかりなしで行動できる。

この要点を上げると・・・回復に向かっています。
明日、通院リハビリです。

migihiza

右膝の怪我です。

老マヒ介護

新しい造語を考えました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *