Month: February 2017

にいがた映画塾20周年パーティ

先月、新潟映画塾20周年パーティに行った。 20代の大半はここで過ごした。、 24歳の時に会社をクビになった私は 「映画」白痴に出演して 何もすることがなかった私は「新潟映画塾」に入り そこで映画製作のイロハを学んで卒業作品を取り 作品は山形ドキュメンタリー映画祭に招待を受けた でも、当時健常者と思った人と飲みに行き、くだらない事を語り、 映画にも出演した 今は、友人は結婚して家族になり映画塾を離れた 私も舞台に上がりいつの間にか離れた でも、映画塾は20年も続いた これは一つの才能である 撮りたい映画もあるが 交渉が難しい。 私の日常の部分を撮りたいが、カメラに写りたくない人が多い そんなもん取っ払いたいとしょっちゅう思う。 なんでこんなに写りたくない人が多くなったのかと最近思う 映画塾20周年おめでとうございます。

久々にイベントやります。

どーも。脳性マヒブラザーズのDAIGOです。 悩める中高年層を応援しようとイベントを企画しました。 入場無料です。遊びに来てください。 「ホシノケン+ドラキュラ加藤+DAIGO」 「株式会社凹凹」 日時 3月4日{土}13:00 会場まちなかステージ「よろttoローサ」 会場HP 出演:ホシノケン ドラキュラ加藤 DAIGO(脳性マヒブラザーズ) どんな展開になるか、楽しみあり、怖いもの見たさあり、少し痛みあり{笑} よろしくお願いいたします。

追悼 藤村俊二さん

先日、藤村俊二さんがなくなった。 昔のブログに映画「白痴」撮影日記を書いていたことを思い出し。 それを抜粋しながら喪に服す。 6月6日 天気  晴れのち曇り  着替えが終わりメイクの時間まで待っていたら、  仕立屋の家から戸板に乗った娘が出てくるシーンに出て下さいとの事で現場に向かう。  手塚監督から動きの説明を聞きテストスタート。テ  スト1、私は後ろに思い切り下がったら藤村俊二さんに「そんなに下がらなくていいです」テスト3、藤村さんと同じ方向に移動したら、「反対側に移動して下さい」  4回で本番へ、(中略)昼食後は、あんじさんが出産するシーン。私は仕立屋の垣根越しに見ているのだと思っていたが、  実際はあんじさんの付近で何かを手伝おうとしているシーンにびっくり。  あんじさんの演技に、浅野さん、藤村さんは大爆笑。私もつられて笑う。早速テストスタート。  (中略)仕立屋にいたにわとりがよく鳴くこの事態に藤村さんは「そんなに鳴くんだったら、卵産んでみろ」   これには全員大爆笑。(中略)今日は充実した1日だった。アドバイスしてくれた藤村さんありがとうございました。 白痴の現場ではこの日が1番の思い出にになった。 なお、この現場はNHK朝ドラ「べっぴんさん」のBAR「ヨーソロー」女主人役 江波杏子さんも一緒でした。 クランクアップの時に一緒の写真を取りました。 右に浅野忠信さんが偶然写り込んでいました。 ご冥福をお祈りします。