Month: January 2017

ドラマ「とんぼ」をぶった切れ!!

極道社会の現状を描いてるが Wikipediaによると長渕剛さんが脚本家に 「日常生活では頭にくることがいっぱいあるけど、面と向かってはなかなか言えない。ケンカもしたくない。でも言おうよ」 との会話から長渕剛さんが一般人に諭したり、注意するのが格好良かった。 でも、身内になると駄目なところもいっぱいあった 当時の俺は長渕の格好良さもダメさも好きだった。 そのダメさを支える常吉役の哀川翔さんも良かった。どうしようもない兄貴を支える妹役の仙道敦子さんも好きだった で久々に観たら長渕剛さんが組員の耳を切り落とすシーンがあったが、切り落とされ役が寺島進さんだったのがびっくりした。 最終回は長渕剛さんが組員に刺されて血だるまになりながら東京を歩くシーンが衝撃的だった 8年後にフジテレビで「英二ふたたび」その翌年に映画「英二」をやったが、 「とんぼ」で完結してほしかった。 なお、この作品は第7回向田邦子賞を受賞しており、平均視聴率も18%も記録していた DVD-BOXで発売も上がったが、中止。 過激な暴力シーンがだめという噂だ。 でも、このドラマはDVD化して欲しいと思う その中でも印象に残ったシーンが長渕剛さんが高校生に説教するシーン「重い槍」 これは今の私にグサッときます。 日々守られているか今でも考えます。

東京ラブストーリーをぶった切れ!!

昔のドラマを見るのに凝っていて 高校のときに流行っていた「東京ラブストーリー」がネットにUPしていたので、 最終話はおろか特別編に至るまで観ていました。 完治役の織田裕二さん格好いいな。 「踊る大捜査線」「お金がない」とか観てたけど 熱血感丸出しでGOOD 関口さとみ役の有森也実さんは自分の思い通りにならないから 泣きをみせて、男横取りするのはとてもずるい 長嶋尚子役の千堂あきほさん。もよく分からなかった でも、千堂あきほさん。新潟のローカル番組 「日曜はパジャマ」の司会進行役をやっていて、 関連したイベントを新潟プラーカでやって 観に行った思い出がある。 とにかく綺麗だったから許す。 当時、「東京ラブストーリ」はキュンキュンしてた。 恋愛がこんなに熱く、儚い終わり方だった。 赤名リカ役の鈴木保奈美さんはあっけらかんとして 少し自己中だったけど、 やっぱり寂しかったんだろうな 久々に観たら違う発見ができて面白かったです。

映画「抱きしめたい 撮影秘話」

Youtubeで偶然見つけた動画です。 多分ローカルで流れていました。 3:36秒のところ御覧ください。 何と、私が北川景子さんを口説いています。 勿論、嫌がられています。 これは衝撃的な画像です。 冗談はさておき、 この日が「脳性マヒブラザーズ」のクランクインでした。 このシーンは北川景子さん率いるボッチャチームと。 錦戸さん率いるバスケチームが部屋のトラブルで喧嘩しているシーンです。 私は、バスケチーム睨みつける。 障がい者剝き出しでした。 しかし、バスケチームも睨み返してきたので、 内心はビクビクでした。 そんなシーンが終わったあと、普通にバスケチームとは仲良くなっていました。 なお、撮影の合間に北川景子さんは色々と気を使って頂き 相変わらず私を見ては「詐欺」と冗談をとばしてきました。 そんな事があって私は口説いたと思います。 申し訳ございませんでした。(ジャンジャン)

明けましたおめでとうございます。

本年も、脳性マヒブラザーズをよろしくお願いします。 さて、今年は44歳なので、 「獅子のように暴れて舞います」 略して「獅子舞」 こんなことを書くと獅子舞がやってきて、頭を噛まれますが。 病気を食べてしまうといいますが、 脳性マヒは食べられないのは何故でしょうか? 1.脳性マヒは高級すぎて、食べられない。 2.脳性マヒは、獅子舞には手に終えない 3.食べると獅子舞に脳性マヒが映る。 そんなことを考えながら正月を過ごしていました。 今年もよろしくお願いします。 年末は甥が帰ってきて遊んだのですが、 とにかく好奇心旺盛 アンパンマンボールをぶつけ、 奇声を発して倒れる私、 それをみてはゲラゲラ笑っていました。